« 2010年01月 | HOME | 2010年10月 »

2010年02月08日

勝ちパターンの本質を知ろう

 2月は春節の時期ですね。この時期は中国相場は軟調になります。


 更に、相場を悪くしている材料は、中国政府の引き締め政策です。
 
 預金準備率の引き上げ、不動産投機引き締め政策、インフレ対策で
 香港H株市場は下落しています。

 しかし、企業業績が悪くなったわけでありません。企業業績が悪く
 なる要素があれば、すぐに売却しますが、現時点、そのような要因は
 ないと思われる。

 
 勿論、全く影響がないわけでもありません。

 株式投資で勝つには、成長性が高い企業が相場全体の他の要因で
 株価が下落した時に投資することが1番良い勝ちパターンです。

 例えば、リーマン・ショックによる株価下落が「買い」のタイミング
 として良い。

 しかし、口で言うことは簡単ですが、この暴落時期には恐怖心が勝って
 投資する勇気がないと思います。

 株式投資の経験不足と勉強不足であればあるほど、恐怖心に勝つことは
 難しい。

 この恐怖心に打ち勝ってこそ、投資で成功することができると思います。


 有料メルマガにて、2008年2月の世界同時株安時に推奨した銘柄は、
 半年間で3倍の高いパフォーマンスを出すことが出来ました。

 株価が下落した時こそ、銘柄変更や投資する時期です。

 もし、投資資金がない場合でも、そのまま保有していれば、企業業績の
 良い銘柄は、ある程度の期間で株価は戻っている、或いは、それ以上の
 株価に上昇しているケースが多い。

 目先の利益を求めるのではなく、中長期で投資をするスタンスが中国株
 にはピッタリだと思います。

 そして、サラリーマンは頻繁な売買をすることが難しいので、中国株投資
 は最適な資産運用の方法だと私は思います。


 中国株=難しいと思われる多くの日本人がいますが、

 実は、日本株より中国株投資のほうが利益を上げやすい。


 それは、2006年2月以降、メルマガを初めて依頼、中国株初心者でも
 利益を上げたという多くの声を聞きました。


 周囲の変な情報に惑わされず、株式投資で勝つ本質だけを見ていきましょう。

 前回、好評だった有料メルマガをリニューアルし、中国株、株式投資で
 勝つノウハウ、海外ファンド情報、海外不動産情報などを三木の視点
 から週に1回配信するメルマガ。

 的中率87.5%有料メルマガ 新興国株必勝法クラブ
 

Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved. directed by genius web agency