« 2007年12月 | HOME | 2008年02月 »

2008年01月29日

IT銘柄はハイリスク・ハイリターン

中国のBtoB最大手アリババ(1688)が11月6日、香港市場に新規上場しました。

初値    30.00香港ドル
公開価格 13.50香港ドル(122.22%)

1月28日、20.2香港ドル

今までBtoC(例:楽天、ヤフー)商売が多かったのですが、アリババは企業を
相手にした商売ということで、上場前から非常に注目された銘柄でした。

上場後、株価は38香港ドルまで上昇しました。高値に飛びついた投資家は
半値。初値で購入した投資家も含め損を抱えることになりました。

1999年、日本ではITバブルでした。この時、PER100倍以上の銘柄が
ゴロゴロありました。2000年、ITバブルは弾けました。

株式市場の取引は、本来、投資対象企業が将来の成長性を期待して売買
されるのですが、PER100倍ということは100年後の利益を想定して投資
家は売買していることになります。

バブル化した時、株式投資の世界では、トランプの「ババ抜きゲーム」で、
自分がババを残さず、ゲームを終わらすことができるかが重要なことに
なります。

将来性がしっかりとしたIT銘柄に投資するならいいのですが、人気だけで
IT銘柄を購入する場合、大きな損失を被ることも想定して投資することを
心がけて下さい。

ただ、ヤフー銘柄のようにハイリターンが期待できることも事実ですね。

2008年01月21日

シフトチェンジしたベトナム人の投資先

2006年11月以降、ベトナム株はWTO加盟を機会に株価が
急上昇しました。

2006年秋以前にベトナム株に投資した人は、数倍、数十倍
になった投資家もいました。

2007年春頃から株価が調整に入りました。

株価が調整から回復しない原因の1つにベトナム人が株式投資
ではなく、不動産投資に力を入れているからです。

2007年、ハノイ、ホーチミンの不動産価格は、50−100%
価格上昇をしています。

低迷している株式投資より、短期的に価格上昇が期待できる不動
産投資にシフトしています。

今まで多数の不動産案件はあるが、投資資金がない買い手市場
でしたが、現在は、売り手市場に変化している。

お金持ち外国人が強気な姿勢で不動産交渉してもあしらわれる
可能性は大きいと思います。

一般ベトナム人は、凄く良い人が多いのですが、ベトナムビジネス
マンは、非常に強かです。

日本人には、相場の2倍、3倍の価格で平気で交渉してきます。

ベトナム株、不動産の有益な情報を掴むには人脈が非常に大切
だと思います。

現在、政府関係の人脈を持つベトナム人と一緒にビジネス展開を
しています。

数十億円の不動産案件、株式情報含め、情報を入手することが
出来ます。

ベトナム含め、新興国株・不動産投資は非常に有望な投資先と
考えています。

新興国株投資成功報告

2008年01月20日

投資案件の見極め

2007年、投資案件を見極める材料として、台湾、ベトナム、中国、
タイ、フィリピン、マカオ等アジア中心に行きました。

多くの投資話が来ますが、信頼できない人からの投資話は、胡散
臭い、詐欺まがい、自分だけ儲かったら良い、という話が多かった
です。

一方、信頼できる人からの投資話は、非常に魅力的な話が多いです。

ビジネスパートナーでも同じことが言えます。私を利用して自分だけ
儲けようと考えている人がいました。

投資・ビジネスも同じですが、相手も稼ぎ、自分も稼げるような投資話、
ビジネス提案なら、WIN−WNI関係を築くことができると思います。

そして、今後も良い関係が続き、資産を増やすことが出来ると思います。

ただ、世の中、本当に信頼できる人を見つけることが非常に難しいと
思います。

例えば、私が証券会社の営業マンで働いていたとします。会社があまり
良くない投資信託を販売することになれば、自分の本位とは違いますが、
その投資信託を売らないといけないこともあります。

その投資信託の売上目標(ノルマ)を持つからです。良くないと思ってい
ても売らなければ、賞与・昇給・昇進に響きます。

会社の方針に左右されることもなく、客観的に投資・ビジネス案件を判断
できる環境・経験が必要になってきます。

そして、実際に投資・ビジネスの成功者からの投資話は信頼できる可能
性が非常に高いです。

ビジネス・投資の両方とも様々な経験をしたことにより、投資の良し悪しを
見極める力が付いてくると思います。

株式投資初心者でも勝てる新興国(中国株・ベトナム株)必勝法

2008年01月12日

成功の分岐点

ビジネス、株式投資には成功の分岐点があります。

例えば、15年前の携帯電話は、大きな機械を背負って電話して
いました。そして、電話代も非常に高いものでした。

その後、時間の経過とともに携帯電話も小さくなく、電話代も少し
ずつ安くなり、実用的な大きさと価格になってきました。

ある地点を境にし、爆発的な普及率になりました。

この爆発する分岐点は、投資の世界でもあります。私も経験済みで
すが、投資を始めた時、投資経験・勉強不足、少ない投資資金により
運用で資産を増やすことが非常に難しかったです。

自分が株を買えば、株価が下がり始め、株を売れば、株価が上がり
始めだすような経験をしていませんか?

みなさん、心当たりがあると思います。

投資資金100万円を200万円に増やすことは、非常に時間がかかり
ます。

しかし、1000万円を越えた時点から増加スピードは早くなります。
なぜかと言えば、株式投資の経験が100万円の時よりも理解して
いるからです。

どんな投資が失敗しやすいのか?
どんな投資が成功しやすいのか?

を見極める能力が向上しているからです。この成功分岐点まで、歯を
食いしばって頑張れるかどうかが成功する大きな分岐点になります。

今日、株の勉強したからといって、明日から急に株式投資で大きな
利益を出すことが出来るというわけではありません。

日々の努力の積み重ねが投資で成功するための経験値を上げてくれ
ると思います。多くの投資家は、目先の利益を重要視し、もっと先を
見た大きな利益を想像し、信じることが出来ません。

信じることが出来るかどうかは、自分が行っている投資に関して、どれだけ
多くの時間・労力・お金をかけているかが大きなポイントだと思います。

私は、大阪在住の時、東京に聞きたいセミナーがあったときは、高額な
セミナーに参加するため、高額な交通費とセミナー代を払いました。

マカオ不動産が投資する価値があると聞いた時は、会社を休み、珠海市
とマカオを実際に見に行きました。

中国に対して、ネガティブ報道が出ますが、1988年から何十回も
中国に行き、中国人の社会主義発想から資本主義発想になる過程を
見てきました。

上海の街並みの変化などを見てきているので、マスコミのネガティブ報道も
気にしません。

株式投資で成功するのは、毎年、投資する企業が高い成長をしてくれるか
どうかを見ておけば、一時的な急落は気になりません。

出口戦略をきちんと決めて、その方向性に間違いがないなら、成長企業の
株を保有し続けていれば大きな資産を築くことができると思います。

成功分岐点まで歯を食いしばって頑張りましょう。


株式投資初心者でも勝てる新興国(中国株・ベトナム株)必勝法

2008年01月10日

オンリーワン戦略

インターネットが普及される時代、小さな会社でも大手企業や
上場企業が相手をしてもらえる方法があります。

それは、オンリーワンの企業、或いは、ブランド力の向上、
自分にしか出来ない仕事などを作ることです。

先日、売上数千億円の一部上場企業を訪問しました。

私の中国株投資の実績を含め、新興国株・不動産情報に強い
話をしました。

雑誌掲載実績、テレビ出演含め、実際に自分で中国株に投資
した結果、1億円以上の資産を構築した話は非常に相手の信用
を得ることが出来ました。

この戦略はお金はかかりませんが、時間がかかります。実績を
作る必要があるからです。しかし、お金はかかりません。

多くの人は、目先の利益を追います。目先の利益を追うから良く
ない商品を販売し、顧客の信用を失います。

購入者が良くない商品と感じた場合、次の商品を購入することは
ありません。2度と戻ってきません。

だから、目先だけを追うビジネスは新規開拓をし続ける方法を取ら
ざるを得ません。

過大な広告をし、顧客獲得に励む。良くない商品のため、クレーム
が発生する。悪循環です。

サラリーマンの良い点は、毎月安定した収入が入ってきます。
サラリーマンをやりながら起業するための戦略をたて、実践して
いきます。

失敗しても骨折り損で終わるだけです。なんのリスクもありません。

商売の基本は、お客様のニーズに答える商品を開発することです。
そして、その商品がオンリーワンなら最高です。

自分が強い商品、情報を持ったビジネスは何か?を常に考え、自己
投資し、戦略を考え、実践していくかが成功のポイントになるのでは
ないでしょうか?

2008年01月08日

多くの情報に流されないように!

世の中、テレビ、雑誌、新聞等から多くの投資情報が自分の
耳に入ってきます。

2008年早々、北京オリンピックの影響か、中国の知的財産権
侵害、環境、株式投資、政治等様々なネガティブ報道が入って
きます。

では、日本の高度経済成長時は、環境、知的財産権等守って
いましたか?

京浜工業地帯、阪神工業地帯、中京工業地帯等では、光化学
スモッグが発生していたのではないでしょうか?

水俣病、イタイイタイ病など環境汚染による病気も多数発生して
いました。

中国の食品問題を取り上げていましたが、不二家、赤福、ミート
ホープ、吉兆など先進国の日本でも食品問題は起こっています。

他国を批判する前に自国の問題を解決することが大事だと思い
ます。

話は脱線しましたが、メディアの報道に流されるのではなく、株式
投資で勝てる自分の方法を確立していれば、何も心配することは
ないと思います。

実際、2002年8月から中国株投資をしてきましたが、その間、
中国企業の情報開示の不透明さ、SARS、イラク戦争、反日暴動、
環境汚染など悪い報道がありました。

しかし、私は中国株投資で資産を増やしました。

私が思うのは、株式投資で勝つための情報だけを取り入れ、他の
情報は聞き流さないと勝つことは出来ません。

株式投資で勝つ方法は、1株当たりの利益が将来どれぐらい
伸びる
かを見ておけば、多少、株価の上下変動はありますが、
右肩上がりになります。

負ける原因を作っているのは、自分の感情をコントロールできない
ところにあります。

その感情をコントロールできない理由は、勉強不足と経験不足だと
思います。それと、リターンのことだけしか考えておらず、リスク面も
考慮していなかったことが大きな損失を発生させる原因になると思
います。

株式投資は、ゼロサムゲームではありません。株価が上昇すれば、
多くの投資家は利益を出すことが出来ます。基本に戻って、ファンダ
メンタルズ投資をしっかりと勉強すれば、よりリスクを軽減した投資が
出来ると思います。

株式投資初心者でも儲かる新興国(中国株・ベトナム株)必勝法

Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved. directed by genius web agency