« インドも経済回復した | HOME | 推奨銘柄25%引き上げが出た »

2009年12月16日

守りの中国株入門を出版します

 過去の有料メルマガを読んでみると、私の実績は16銘柄中
 14銘柄の的中率87.5%でした。

 そのうち、300%以上の利回りは4銘柄ありました。

 過去の電子書籍や有料レポートでも非常に高い的中率を出し
 ました。

 米サブプライムローン問題による株価下落でも有料会員に
 大きな利益をもたらした。

 2008年1月には300兆円以上の損失を出す金融危機で
 今後、株価が大きく下落することも当てました。


 その理由は銘柄だけに注目しているわけではないからです。

 世界経済の流れを把握し、中国政府の政策に注目し、
 そして、世界のお金の流れを見ているからです。

 マクロを見た後、ミクロをみます。

 どの業界が恩恵を受けるのかを見極め、そして、その業界の有望
 銘柄を探します。

 百発百中とは言えませんが、87.5%の的中率は非常に
 評価できるものだと思います。

 昨日の日経新聞の記事で、日本の上場企業の収益回復はアジア
 地域が牽引する構図が鮮明になった、と書いていました。

 日本国内、米国、欧州の売上は減少。一方、2009年下期は
 引き続き、アジアの売上が伸びることが予想されています。

 中国も同じです。外需(輸出)から内需拡大刺激策の方針を中国
 政府が打ち出し、効果を上げてきた。

 この流れは、2010年以降も続く。ということは、2010年
 から中国企業の業績は回復する可能性が非常に高い。

 更に、欧米経済が回復すれば、中国国内と欧米両方の売上が
 上昇するかもしれません。

 ということは中国株相場が上昇する可能性が高いということです。

 負け組投資家は、中国株が上昇してから投資する。一方、勝ち組
 投資家は上昇前に投資する。

 この法則は、今も昔も変わりません。


 本日、中国株初心者にもわかりやすく、今まで多くの方に利益を
 もたらした私の中国株投資の経験を惜しみなく書いた書籍

 第2次バブルに乗るにはコツがある「守りの中国株入門」が出版されます。


 この本は中国株投資にお役立てるものだと自負しております。
 是非、ご興味がございましたら、ご購入宜しくお願い致します。

 アマゾンから購入もできます。

 
 第2次バブルに乗るにはコツがある「守りの中国株入門

 12月4日発売の¥SPAの中国株特集で私が掲載されます。
 今回は4ページ中、私が3ページ掲載されています。

 前回、好評だった有料メルマガをリニューアルし、中国株、株式投資で
 勝つノウハウ、海外ファンド情報、海外不動産情報などを三木の視点
 から週に1回配信するメルマガ。

 株で1番利益を出せるのは、赤字から黒字になる会社の株に投資する
 ことです。その銘柄の投資チャンスがやってきた。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 実績 的中率 87.%
 有料メルマガ 新興国株必勝法クラブ

メールでのお問合せはこちらへ


Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved. directed by genius web agency