« 日本最大年金基金が中国株投資に | HOME | インドも経済回復した »

2009年11月29日

ドバイショックは投資のチャンス

 24日から中国三大モーターショーの1つ、広州モーターショーが
 始まった。

 1−10月の累計新車販売台数が1000万台を突破した中国市場。
 世界の自動車メーカーは中国市場への期待が非常に高い。

 中国市場への期待度を参加メーカー数で比較すると、

 
 東京モーターショー 113社
      ↓
 広州モーターショー 600社以上


 参加メーカー数、圧倒的に違います。華南地区は中国の自動車新車
 販売数の全体の3分の1。

 ある予想では、2009年度新車販売台数は1300万台を突破する
 と言われています。

 中国の自動車普及率は5%。将来、中国の自動車新車販売数は
 2000万台になると予想されています。

 自動車セクターだけみても中国株投資する価値は十分にある。
 トヨタ、日産、ホンダ等日本車メーカーも中国に合弁会社がある。

 日本株の自動車メーカーに投資するより中国の自動車メーカーに
 投資したほうが利益を出す可能性が高いと思いませんか?

 
 昨日のドバイワールド問題で世界の株式市場が下落した。

 これを悲観的に思うのではなく、投資チャンスがやってきたと
 私は思っています。

 優良企業の株をより安く買うことが株式投資で成功する秘訣です。
 買い物も通常価格で買うより、バーゲンセールで買うでしょ。

 それと同じです。


 12月4日発売の¥SPAの中国株特集で私が掲載されます。
 今回は4ページ中、私が3ページ掲載されると聞いています。

 前回、好評だった有料メルマガをリニューアルし、中国株、株式投資で
 勝つノウハウ、海外ファンド情報、海外不動産情報などを三木の視点
 から週に1回配信するメルマガ。

 株で1番利益を出せるのは、赤字から黒字になる会社の株に投資する
 ことです。その銘柄の投資チャンスがやってきた。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 多くの銘柄を当ててきた新興国株必勝法クラブ

 実は、株式投資初心者こそ、中国株投資!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私の営業経験と投資経験を惜しみなく書いた渾身の1冊!
   
 ●「守りの中国株入門」扶桑社  12月15日発売予定
   著者 三木健博

メールでのお問合せはこちらへ


Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved. directed by genius web agency