« 個人投資家のメリット | HOME | 日本最大年金基金が中国株投資に »

2009年11月11日

借金世界第1位の日本

10日、財務省は国の借金が9月末時点で、864兆5226億円に
 なったと発表しました。

 6月末に公表した国の借金より4兆2669億円増加し、過去最大を
 更新した。原因は麻生内閣の景気対策に伴う国債増発です。

 日本の人口1億2756万人から算出すると、国民1人当たり
 約678万円の借金を背負うことになる。

 世帯数3000万人と計算したら、1世帯約2880万円の借金を
 背負っています。
 
 日本のGDPに対する借金割合は、ぶっちぎりの世界第1位!

 これが現実です。


 借金の話ではないが、景気をみても中国と日本では全然様子が違う。


 日本のビックサイトで行ったモーターショーは外国自動車メーカーの参加は
 少なく盛り上がりに欠けたショーでした。

 一方、中国のモーターショーは大盛り上がりです。09年10月の
 新車販売台数は前年同期比72.5%増の122万6300台。

 1−10月累計新車販売台数は前年同期比37.7%増の1089万
 1000台と1000万台を初めて突破した。

 通年で米国を抜き、世界第1位の自動車市場となることは確実視されて
 いる。

 中国国民もマイカーへの憧れも強く、小型減税の政策も後押ししたと
 思われる。

 このように中国国内の消費は非常に活発的です。米サブプライムローン
 問題で一時的に中国株式市場も大きく株価を下げたが、今後、世界
 の中で1番経済回復の早い国は「中国」だと思います。

 その中国株に投資することが株式投資で資産を増やす可能性が高いと
 思われる。

 中国株が急上昇する前に上手く仕込んでおくことが非常に大切な作業
 だと思います。


 前回、好評だった有料メルマガをリニューアルし、中国株、株式投資で
 勝つノウハウ、海外ファンド情報、海外不動産情報などを三木の視点
 から週に1回配信するメルマガ。

 株価上昇有望な2銘柄を仕込みました

 新興国株必勝法クラブ

メールでのお問合せはこちらへ


Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved. directed by genius web agency