« 大きな流れを予想する | HOME | 億万長者になる方法 »

2009年08月27日

投資で勝つ本質を知ること

 株式市場が上昇すると、「バブル」という言葉が頻繁に出てきます。

 この「バブル」という言葉の使い方は間違っていると思います。


 中国株式市場の株価が上昇した時に、ニュースではネガティブな
 使い方で中国株はバブルになっているということを何度も聞きま
 した。

例えば、株価の割安、割高感を示す指標として、PERがあります。

 目安ですが、PER10倍だと割安感があると思います。この
 PERが40倍以上になれば、割高という言葉の使い方でいいと
 思います。

 「バブル」というのは、今回の世界同時株安を引き起こした原因の
 仕組みで株価が上昇し過ぎた状態がバブルだと思います。

 PER20倍、30倍でバブルなら、ミクシィの初値の株価に対する
 PERは100倍以上だった。


 この株価は「バブル」と、なぜ、報道しないのでしょうか?


 不思議で仕方がありません。

 テレビ、雑誌等で報道される内容が100%正しいというわけでは
 ございません。

 株式投資で勝つには、「本質」だけを理解し、世の中の雑音は
 無視することがいいと思います。

 今後も中国経済が他の国よりも早く経済回復してきますが、その時は
 再び、ニュースで中国はバブル化しており、バブルが崩壊するという
 話が出てくるでしょう。


 皆様はこのような報道に振り回されず、中国株投資で勝つことだけに
 集中すればいいと思います。


 

 前回、好評だった有料メルマガをリニューアルし、中国株、株式投資で
 勝つノウハウ、海外ファンド情報、海外不動産情報などを三木の視点
 から週に1回配信するメルマガ。

 8月31日 「新興国株必勝クラブ」募集開始!
 

メールでのお問合せはこちらへ


Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved. directed by genius web agency