新興国株投資成功法則





Home -> -> 新興国株必勝法クラブ

再び、中国株バブルがやってくる!

中国株投資の最大のチャンス到来!

中国政府の金融引き締め、リーマン・ショックによる株価暴落を予想し、
全保有株を売り抜いたノウハウを皆様にご提供する会員制メルマガ!


成功の秘訣!!本格的な中国株式相場上昇前に投資すること

株式投資で成功する秘訣は、 「株価の安い時期に買って、株価の高い時期に売る」
この成功法則どおりに実行すれば、アメリカのサブプライムローン問題により、非常に割安になった
中国株に投資する絶好のチャンスが来た!
2009年上半期の決算内容で今後の中国株投資方針が決まってくる。この2009年は2002年の
中国株投資を始めた頃と同様、投資チャンスがやってきた。

このチャンスを捉えた投資家が中国株で成功すると思います。



皆様に仮定話をいうのではなく、過去の実績をお見せします。

こちらに記載した実績は、一部になります。
サンプルをクリックして頂くと、過去の有料メルマガのサンプルを見ることができます。

前回の会員制メルマガの実績の一部
銘柄 買い 売り 増減率
招商銀行IPO 8.55 10.61 124.1%
中国工商銀行IPO 3.07 3.52 114.7%
九洲発展 0.8 1.18 147.5%
広州富力地産 11.86 14.3 120.6%
招金鉱業 15.98 30.7 192.1%
大唐国際発電 6.29 8.93 142.0%
上海振華港口機械 0.93 2.798 300.9%
中国アルミ 1回目 5.41 16.56 306.1%
中国アルミ 2回目 7.25 16.56 228.4%
ハルビン動力設備1回目 6.65 24.3 365.4%
チャイナレアアース 1.5 1.77 118.0%
招金鉱業 15.98 30.7 192.1%
中国交通建設 6.33 20.1 317.5%
交通銀行 8.49 10.86 127.9%
シノリンク 1.89 1.75 92.6%
ハルビン動力設備2回目 13.24 24.3 183.5%
SOHO中国 9.55 7.68 80.4%

※上海振華港口機械はアメリカドル、その他の銘柄は香港ドル


いかがでしょうか?上記5銘柄は一部になります。その他多くの銘柄を的中させてきました。
更に、株価暴落の予想も的中させてきました。


国際通貨基金(IMF)の予想では、2009年の先進国の経済成長はマイナス成長する中、
中国の第1四半期経済成長率は6.1%の高い成長率でした。
ずばり、高度経済成長国の中国株に投資することが資産を簡単に増やすことが出来る実例になりました。
今後もこの法則は継続すると予想される。

元本は保証されている銀行預金では、定期預金で0.15%しかありません。
100万円を1年間定期預金しても、1,500円の利息しか貰えません。ゆうちょ銀行の定額貯金では、0.12%(1,200円)しかもらえません。


日本の国債は、約1%以下。100万円に対して、10,000円以下しか増やすことは出来ません。


現在の日本では、医療費アップ、社会保険料アップ、ガソリン価格アップ、小麦粉高騰、住民税の増税、
炭素税導入など支出が増加する一方です。
おまけに昇給・賞与は減少している企業が多い。老後の年金をきちんと貰えるかどうか疑問です。
今後も私たちの厳しい生活環境は継続されることが予想されます。


日本の財政事情は、795兆円に達しています。各家庭への負担額は1519万円になります。
日本の対GDPに対する債務残高(日本の借金)は、179%(2007年)。
アメリカは62.4%。いかに日本の財政事業が厳しいかを物語っているのではないでしょうか!
アメリカのカリフォルニア州も非常事態宣言で財政破綻しかけの状態です。
日本の財政事業はもっと悪い。
日本が財政破綻することも想定して資産運用対策をしなければいけない時代に突入していると思います。


その将来の対策として、非常に割安になった現在の中国株を3−5年間ほど保有すれば、資産を増やす
可能性が非常に高いと思います。
第2の退職金を作っておく必要があると思います。


中国株投資の場合、株の配当だけでも3%ある銘柄がゴロゴロあります。
100万円で 30,000円の配当が貰うことが出来ます。3万円あれば、高級なお寿司を3回食べに行くことが出来ます。
配当をもらうだけでもメリットは大きいと思います。高い配当を貰いながら、株価利益を待つことも出来ます。

では、2005年8月にアンガン・ニュー・スチール1銘柄で勝負した実例があります。
2005年8月のアンガン・ニュー・スチールの株価は、4.1香港ドルでした。

お勧めした理由は、当時の株価に対して6%の高い配当と、高い成長性が期待できるからです。
高配当と売買益のダブルで利益を出すことが出来る銘柄でした。

アンガン・ニュー・スチール 週足チャート

株式会社サーチナ提供



2008年5月1日の株価 19.46香港ドルと2年9ヶ月間で、+475%の運用利回りでした。
最高33.4香港ドル(+815%)まで株価が上昇しました。


100万円 ⇒ 815万円


2008年度決算に対する配当は、1株=0.55元!
4.1香港ドルに対して、13.4%の配当率になります。


これが、まさに中国株投資の大きな魅力になります。



株式投資で成功する秘訣は、株価が暴落した時に、いかに優良銘柄を購入することが出来るかが非常に重要なポイントになってきます。

2008年3月の米サブプライムローン問題による暴落は、中国株投資最大のチャンスが訪れたことになります。実はピンチがチャンスなのです。

1988年から中国の経済発展を見続けた元中国人著者の三木健博の経験と2002年7月から実際に
中国株投資を実践して1億6,000万円を築いた経験から見た中国株投資の考え方、投資法、
銘柄について書いたノウハウが 新興国株(中国株・ベトナム株)必勝法クラブになります。

更に、海外ファンドスペシャリストのN氏、海外不動産投資スペシャリストのH氏等の人脈を活用し、
皆様に有益な情報をご提供していきます。

投資で成功するには、中国政府の政策、アメリカ経済の動向、為替、金利、需給、商品(原油、金、
アルミ等)、企業の割安さ・成長性など、あらゆることが関連しています。

ただ、企業の成長性だけを見るのではなく、すべての株価を動かす要因を考慮してきたからこそ、
億万長者の世界に入ることが出来ました。
是非、皆様の資産運用にお役に出来る情報になると確信しております。

私の株式投資の成功ノウハウを学んでみませんか?

新興国株必勝法!

新興国株投資の7つのメリット
新興国株必勝法クラブの特徴

外国の株式、不動産に投資する時、色々と不安になると思います。弊社でお答できる ご質問の内容の
場合、メールにてご対応致します。
大特典!!初回募集限定
運用資産500万円以上の顧客しかしないサービスを第1回目の募集に限り、資産相談シート記入後、
メールにて資産運用の無料アドバイスを行います。
但し、多くのお客様のご要望があった場合、申込順でご対応致します。
新興国株(中国株・ベトナム株)必勝法クラブ
現在、有料メルマガの会員募集はしておりません。

お申し込みの流れ

【注意事項】
このサイトの中国株投資情報、及び、このサイトで紹介している内容は、投資判断の参考となる
情報の提供を目的としたもので、投資の勧誘を目的としたものではありません。
従って、投資に関する最終的な決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願い致します。
また、当サイトの投資情報、及び、この情報商材を使用し発生したいかなる損害(被害)及び民事、
刑事的問題については、当社は一切の責任を免れます。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。



株式投資のリスクについて

【リスク】
1.価格変動リスク
外国証券を含む証券市場価格は、流通市場における需給関係や発行体の情報、金利動向、
商品動向、為替動向、中国政府の施策、経済情勢等を敏感に反映し変動します。
したがって、売却時の市場価格によっては売却益が出る場合も売却損が出る場合もあります。

2.流動性リスク
中国株は、流通市場における売却が可能とされていますが、市場に一方的な
大量の買い注文や売り注文が殺到したり、投資家の売り買いの注文に対応する売買注文が
不活発になる等の市場環境の変化により流動性(換金性)が低くなることも考えられます。

3.為替リスク
中国株への投資は、外国為替の変動によるリスクがあります。外貨(香港ドル)に対して
円が投資時点より高く(円高)なれば、為替差損が生じることになり、反対に安く(円安)なれば、
為替差益が生じることになります。

4.カントリーリスク
中国株投資は、中国の政治・経済・社会情勢の変化の大きな影響を受けます。

HOME | プロフィール | ベトナム・中国写真 | 本サイトの趣旨 | 特定商法取引法上の表記 | お問い合わせ

Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved.