新興国株投資成功法則





Home -> -> 【有料会員版】北京オリンピックイヤー中国株投資最大のチャンス到来!

有料会員限定価格版

割安になった優良銘柄に投資する最大の購入タイミング!
株式投資で成功する秘訣は、「株価の安い時期に買って、株価の高い時期に売る」。 この成功法則どおりに実行すれば、アメリカのサブプライムローン問題により、 非常に割安になった中国株に投資する絶好のチャンスが来た!

香港H株指数 週足チャート

株式会社サーチナ提供



皆様に仮定話をいうのではなく、過去の実績をお見せします。

前作の2007年版中国株必勝法8番勝負の実績
商品名 2007.2.16 2007.9.28 利回り 最高値
中国海外発展 8.91 17.8 99.8% 28.2
上海振華港口機械 1.627 2.756 69.4% 3.677
中国交通建設 9.51 18.48 94.3% 22.45
招金砿業 7.95 15.35 78% 22.45
中海発展 11.8 25.2 113.6% 28.2
中国建設銀行 4.9 7.09 44.7% 8.97
天津港発展 3.28 8.07 146% 9.69
株洲南車 14.66 13.22 -9.80% 16.32

※上海振華港口機械はアメリカドル、その他の銘柄は香港ドル


いかがでしょうか?8銘柄中、7銘柄が的中しています。的中率87.5%!そのうち、2銘柄は、半年間で、2倍(年間利回り4倍)という計算になります。

高度経済成長国の中国株に投資することが資産を簡単に増やすことが出来る実例になります。

元本は保証されている銀行預金では、定期預金で0.35%しかありません。100万円を1年間定期預金しても、3,500円の利息しか貰えません。郵便局も同じです。

日本の国債は、約1.2%。100万円に対して、12,000円しか増やすことは出来ません。

現在の日本では、医療費アップ、社会保険料アップ、ガソリン価格アップ、小麦粉高騰、住民税の増税など支出が増加する一方です。おまけに老後の年金もきちんと貰えるかどうか疑問です。今後も私たちの厳しい生活環境は継続されることが予想されます。

その対策として、非常に割安になった現在の中国株を2−3年間ほど保有すれば、 資産を増やす可能性が非常に高いと思います。

中国株の場合、株の配当だけでも3%ある銘柄がゴロゴロあります。100万円で 30,000円の配当が貰うことが出来ます。配当をもらうだけでもメリットは大きい。 しかも、資産が増える可能性も高い!

では、2005年8月にアンガン・ニュー・スチール1銘柄で勝負した実例があります。
2005年8月のアンガン・ニュー・スチールの株価は、4.1香港ドルでした。

お勧めした理由は、当時の株価に対して6%の高い配当と、高い成長性が期待できるからです。
高配当と売買益のダブルで利益を出すことが出来る銘柄でした。

アンガン・ニュー・スチール 週足チャート

株式会社サーチナ提供



2008年5月1日の株価 19.46香港ドルと2年9ヶ月間で、+475%の運用利回りでした。
最高33.4香港ドル(+815%)まで株価が上昇しました。

100万円 ⇒ 815万円

2007年度決算に対する配当は、1株=0.55元!
4.1香港ドルに対して、12.1%の配当率になります。
現在の株価に対しても、3.1%の配当率になります。

これが、まさに中国株投資の大きな魅力になります。

上記の実例で、1つの銘柄を12万円ずつ購入したと仮定すると、合計96万円になります。半年間を上記の利回りで計算すると、1,725,160円になります。

半年間で、96万円 ⇒ 172万円(76万円増)

株式投資で成功する秘訣は、株価が暴落した時に、いかに優良銘柄を購入することが出来るかが非常に重要なポイントになってきます。

2008年3月のアメリカのサブプライムローン問題により、中国株投資最大のチャンスが訪れたということです。

1988年から中国の経済発展を見続けた元中国人著者の経験と2002年8月から実際に中国株投資を実践して1億6,000万円を築いた投資経験から見た中国株投資の考え方、投資法、厳選銘柄を書いたノウハウが 2008年度改訂版 中国株必勝法3番勝負になります。

投資で成功するには、中国政府の政策、アメリカ経済の動向、為替、金利、需給、商品(原油、金、アルミ等)、企業の割安さ・成長性など、あらゆることが関連しています。

ただ、企業の成長性だけを見るのではなく、すべての株価を動かす要因を考慮してきたからこそ、前作では的中率87.5%という高確率の実績を出すことが出来ました。

今回も研究に研究を重ねた結果、厳選した3銘柄を皆様にご提供致します。

是非、非常に割安となった中国優良株に投資されてみてはいかがでしょうか?



1. 書店では手に入らない中国株投資のメリット・考え方・捉え方・厳選銘柄などを資産1億円以上にした体験談に基づいた内容となっております。

2. 1ヶ月間の無料メールサポート付
株式投資初心者の場合、投資する際、様々な不明な点、不安な点があると思います。
例えば、お勧め証券会社、売買のコツ、為替について等のご質問にもメールにてお答え致します。

【商品名】 2008年度改訂版 中国株必勝法3番勝負
【内容】 中国株投資成功の考え方・取組み方・銘柄を記載しています。
【価格】 有料会員限定価格 12,600円(税込み)
【支払い方法】 VISA、MASTER、JCB、銀行振り込み

※有効性がなくなったと判断した時に販売を中止致します。


【注意事項】
このサイトの中国株投資情報、及び、このサイトで紹介している内容は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、投資の勧誘を目的としたものではありません。従って、投資に関する最終的な決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願い致します。また、当サイトの投資情報、及び、この情報商材を使用し発生したいかなる損害(被害)及び民事、刑事的問題については、当社は一切の責任を免れます。

※中国株投資初心者を対象にしています。中国株中級以上の経験者はお勧め出来ません。

※2007年度版中国株必勝法の改訂版になります。2007年度版の推奨銘柄は 今回の2008年度改訂版には入っておりません。

【リスク】
1.価格変動リスク
外国証券を含む証券市場価格は、流通市場における需給関係や発行体の情報、金利動向、商品動向、為替動向、中国政府の施策、経済情勢等を敏感に反映し変動します。したがって、売却時の市場価格によっては売却益が出る場合も売却損が出る場合もあります。

2.流動性リスク
中国株は、流通市場における売却が可能とされていますが、市場に一方的な大量の買い注文や売り注文が殺到したり、投資家の売り買いの注文に対応する売買注文が不活発になる等の市場環境の変化により流動性(換金性)が低くなることも考えられます。

3.為替リスク
中国株への投資は、外国為替の変動によるリスクがあります。外貨(香港ドル)に対して円が投資時点より高く(円高)なれば、為替差損が生じることになり、反対に安く(円安)なれば、為替差益が生じることになります。

4.カントリーリスク
中国株投資は、中国の政治・経済・社会情勢の変化の大きな影響を受けます。


HOME | プロフィール | ベトナム・中国写真 | 本サイトの趣旨 | 特定商法取引法上の表記 | お問い合わせ

Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved.