新興国株投資成功法則






投資の魅力
1.働かなくても資産を増やしてくれる不労所得
あなたがお金持ちになるための収入には、3種類があります。

1.不動産
2.株
3.ビジネス


お金持ち華僑、ユダヤ人の大富豪は、この3種類の収入で大きな資産を築き上げています。
私たちの多くは、高校、大学卒業後、どこかの企業に就職し、毎月、働いた分の給料をもらっています。
これは、不労所得ではありません。働いた分だけ貰える勤労所得になります。

この勤労所得は、もし、自分が大きな病気やケガになり働くことが出来なくなった場合、収入がなくなってしまう所得になります。
そして、サラリーマンではお金持ちには永遠になることができません。

考えてみてください。
自分の会社の社長の給料を調べると、収入の上限がわかるでしょう。
日本の企業の社長では、2000−3000万円ぐらいが相場ではないでしょうか!
勿論、例外もあります。
将来、自分が社長になれる確率から考えても低いし、社長になったとしてもお金持ちではありません。

1800万円を超えた年収をもらうと所得税だけで37%税金で取られます。
住民税、健康保険、社会保険、雇用保険など色々引かれると、残った給料は半分以下になります。
2000万円の年収をもらっても手取りは1000万円以下になります。
この手取りでお金持ちとは言わないと思います。
そして、会社を辞めれば、収入は途絶えます。

お金持ち華僑、ユダヤ人の共通点は、不動産・株・ビジネスで不労所得を手に入れています。
不動産なら、自分は何もしなくても家賃収入が店子から毎月自分の銀行口座に振り込んできます。
株主になれば、購入した株の会社の社員たちが頑張って収益を上げた分、株価を上昇させてくれます

ビジネスオーナーになれば、ビジネスの社員たちが自分のポケットにお金を入れてくれます。

不労所得は、一度、システムを構築すれば、自分のポケットに収入を入れてくれる打ち出の小槌みたいなものです。
例えば、セブンイレブンの本部は、フランチャイズ、直営店の収益の数%のロイヤリティーを毎月貰っています。
つまり、多くの店舗、1店舗収益単価を上げれば、より多くのロイヤリティーを貰うことができます。これと同じ意味が不老所得みたいなものになります。

2.資産1億円達成するには投資が必要
先ほども話をしましたが、サラリーマンではお金持ちにはなることが出来ません。
サラリーマン生涯賃金は、2億円と言われておりますが、すぐに2億円もらえるわけではなりません。
約40年間の人生の半分以上の大きな時間を仕事に費やすことによる報酬になっています。

40年間、生活していくには、生活費、養育費、住宅費、食費、学費など多くのお金を使います。
定年退職しても、残りの約20年間を生きていくだけのお金はありません。
ましてや、30歳代は、支払った年金の半分も貰えない時代です。

では、サラリーマン現役で資産1億円にするためには、投資(株・不動産)する必要があります。お金持ち華僑も初めは、サラリーマンなどで一生懸命働き、投資資金を貯め、そのお金を使って投資し、大きな資産にしています。
サラリーマンをしていたら、偶然お金持ちになった話は聞いたことはありません。

資産1億円達成するためには、2つの技術が必要になります。

1.お金の管理に関する技術を高める
2.投資に関する技術を高める


お金持ちになった人は、この2つの技術をマスターしています。
私の例で話すと、株に手を出したのは、大学4年生のJR東日本の株が当たったことがきっかけでした。
大学生にしては大金の20万円儲かることができました。

その後、株で儲かることに味を占め、適当に他の銘柄を買いました。
そうすると、日経平均最安値の14000円台になり、私の保有株は一気に含み損となり、合計200万円の高い勉強代を支払う羽目になりました。

これは、2つの技術をマスターしていないため、失敗しました。
その後、私も株・お金に関する知識を高めるため、多くの本を読み、セミナーに参加してお金・投資技術を高めることをしました。
その結果、2007年には、サラリーマンをやりながら中国株のみで資産1億円を達成することができました。

HOME | プロフィール | ベトナム・中国写真 | 本サイトの趣旨 | 特定商法取引法上の表記 | お問い合わせ

Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved.