新興国株投資成功法則






サラリーマンでは億万長者になれない
1.全国第2位の実績でも平凡な昇給
私は、大学時代、普通のサラリーマンを定年退職の60歳までやるつもりはありませんでした。
何か自分の身になるような仕事をして、いずれかは独立したい思いがありました。会社の大きさではありませんが、面接官の人間性に惚れて、小さなキヤノンの代理店に入社しました。

大阪のオフィス街で「OJTなし」の研修3日目で飛び込み営業をすることになりました。
同期含めて唖然とした顔でしたが、とりあえず、罵声を浴びながら毎日80件ぐらい訪問する日々が続きました。

そんな苦しい日々が続く中、私がやる気を出したのは、織田祐二の「お金がない」というドラマでした。
貧乏のどん底から外資系生命保険会社の社長に上り詰める話です。
ドラマと同じことが自分にできるかどうかわかりませんが、自分の実力を試してみようと思い、「根性」入れて毎日自分に課題を持って、飛び込み営業に取り組みました。
上司、先輩の営業トークを必死でメモして、良いトーク即実践しました。
同期が喫茶店でサボっているときも一生懸命飛び込み営業をしました。
その結果、キヤノンの新規コピー枚数獲得部門(GETCV特別賞部門)で、全国4000人中、第2位に上り詰めることができました。


しかし、こんなに頑張っても毎日サボっている同期と昇給は、たったの500円違い!
賞与もほとんど差がありませんでした。そこで、何かおかしいものを感じ始め、自分で何かしたい思いが芽生えてきました。

平成2年は、バブルが弾けた2,3年後、インターネットもまだまだ普及していない時代、独立することの難しさを感じていました。
設立資金、会社の信頼性、営業展開、運転資金、資金回収などいろんな問題があるということでリスクの高さを感じていました。
そんな日々が約7年間続きました。

そして、サラリーマンではお金持ちになれないということに気づきました。

2.資産が加速する法則
みなさんは、何か自分の夢を持っていませんか?

子供の頃、プロ野球の選手になりたい。
プロのサッカーの選手になりたい。
モデルになりたい。

など子供のときは、夢が叶う、叶わないは別として、夢を持っていたと思います。

しかし、大人になると夢を持つことを忘れている多くの人がいます。
ただ、好きな趣味や好きなことが仕事に活かせるなら最高だと思いますが、
なかなか好きなことが仕事にできる人は、ごく僅かな人だけだと思います。

働き続けないと収入が入らない勤労所得では、ずっと働き続かなくてはいけません。

世界で2000万部以上の超ベストセラーの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読み、感激しました。
「金持ち父さん、貧乏父さん」から不労所得の収入を得ることの大切さを学びました。

普通の家庭に育ったサラリーマン家庭では、サラリーマンの収入だけではお金持ち
になることができません。普通の人がお金持ちになるには、宝くじで1等の3億円を
当てるか、お金持ちの人と結婚しない限り、お金持ちになることはできません。

サラリーマンがお金持ちになるためには、やるべきことは決まってきます。
給料が 急に500万円が2000万円に上がるような仕事をしている人はほとんどいません。

500万円が530万円に昇給した程度だと思います。
収入アップよりか支出が増加 するほうが多いと思います。
社会保険料、所得税、医療費、養育費等支出が増加するばかりです。
では、私たちは、どのような行動を取らなければいけないのか決まってきます。

支出を抑える努力と「株・不動産」に投資する術を覚える必要があります。

私が実践したことは、自動車は新車で買いませんでした。
新車で300万円を使う なら、150万円の中古車を購入すれば、150万円分の投資をする資金が出来 ます。

自動車は買った瞬間から資産が7割ぐらいに減ります。
新車購入後、中古車を 取り扱っている会社に電話して聞いてみればわかります。
しかし、中古車購入で 余った150万円分を中国株に投資していれば、2倍で300万円になります。

一方は、資産を減らし、一方は、資産を増やすなら、夢実現を目指している人は 資産を増やす賢いお金の使い方をするお金に関する知識(ファイナンシャルリテ ラシー)を身に付ける必要があると思います。

投資する上で、勉強せずに投資することは非常にリスクが高くなります。
まずは、 何か1つ、例えば、株式投資に興味を持てば、株式投資の勉強からするべきです。

例えば、株式投資の基本的な本、株式投資で成功しているウォーレン・バフェット、 ピーター・リンチ、ジム・ロジャースなどの有名な株式投資の神様の本を読むことを お勧めします。

これらの本を読むことによって、株式投資でのリスクを減らすことができます。
努力を 怠り、10万円、50万円、100万円を失うのであれば、1冊1500円の投資の本を読む努力をする必要はあります。
Book-offで買えば、半額で買えます。

他に証券会社主催の株式投資のセミナー、有料で行っているセミナーに参加することも大切ではないでしょうか?
なぜかと言えば、今、私が話している内容、セミナーの講師が話す内容が正しいかどうか判断できないからです。

実際、お金に関する知識不足から胡散臭い話で損失を被る多くの人がいます。
私自身、今でも中国株情報、FX、不動産、商品先物、株式投資の情報を有料で収集し、投資の本を読み、日々勉強しています。
これらの勉強をすればするほど、リスクを下げることができるからです。 つまり、失敗しにくい(損失を抑える)投資が出来るということです。 もしも、しっかりと勉強すれば、300万円の資金で1億円に資産を増やすことができるなら、みなさんは勉強するでしょう。私ならやります。 そして、世の中、何事も「クリティカル・マスの法則」があることをご存知ですか? クリティカル・マスの法則は、ある一定の段階に到達すると、その時点から急に加速的に増えてくることがあります。 例えば、携帯電話で例えると、一昔の携帯電話は、500mlのペットボトルぐらいの大きさの電話で、通話状況も悪く電話代も非常に高い金額でした。
しかし、持ち運びに便利になり、携帯電話代もお手ごろな価格になってくると、急に 右肩上がりの上昇角度が上がり、爆発的な伸びを示します。現在だと液晶テレビが、ある一定の段階に到達しつつあるのではないでしょうか?
これから、もっと価格が下がり、庶民にも購入できる価格になり、爆発的に普及されると思います。

投資資金も最初は、100万円を貯めることは非常に難く、100万円を200万円に増やすことも難しい状態が続きます。
しかし、投資資金1000万円で投資の術も覚えてきた人は、2000万円にすることは100万円を200万円にするときより簡単に増やすことができます。

投資の術と投資資金を貯めるスピードが速くなればなるほど、資産増加が加速していきます。
このクリティカル・マスの法則を理解し、投資に関する情報収集・分析など勉強すれば、ますます資産が増加するスピードが速くなると考えています。

実際、私もここ2年間の資産増加が急に加速しています。

サラリーマンの100%の勤労所得の収入に頼るのではなく、不動産・株などの不労所得からの収入を得ることができる術を覚えましょう。

HOME | プロフィール | ベトナム・中国写真 | 本サイトの趣旨 | 特定商法取引法上の表記 | お問い合わせ

Copyright c 2007 新興国株投資成功法則 Co.Ltd. All Rights Reserved.